床を保護するためにUVコーティングをしよう|特徴を詳しく紹介

電気の差し込み口

コンセント

人気になる理由には訳が

DIYが流行っている近年では、コンセントの交換も自分で作業するという方も少なくはありません。家のあらゆる場所に備わっているコンセントは、使用期間が長くなるにつれてカバーがぐらつくことや、浮きあがる、ヒビ割れが起きたりることで交換が必要になります。もちろん、使用中に異常な熱を持つコンセントも交換が必要ですが、電気工事士の資格を持ち合わせない一般の方が作業するのは法律で許されていません。そのため、コンセント工事を専門に扱われている業者に依頼するのが人気となっていますが、その理由にはいくつか存在します。自分での作業では、感電しないためにブレーカーを落として作業しますが、被覆に傷を付けたり、線の噛み合わせ、接続不良などによるトラブルを避けることが必然です。専門の業者では、電気の専門知識を持ち合わせているため、適切な配線と設置をして漏電やショートが起きないよう安全に取り付けてくれるのが評判なのです。現在ではオール電化が主流となりつつあるためか、200Vのハイパワー家電製品が多く販売されています。もちろん、100Vコンセントではこのハイパワー家電製品を使用することが不可能なので、専用のコンセントに交換することが必要です。ブレーカーまで200Vが引き込まれていたら、配線工事とコンセント交換だけで済み、ブレーカーが対応していなければ分電盤の電圧切り替え工事もしなければなりませんが、業者に依頼すると両方の作業を迅速に行ってくれることがあげられます。コンセントの種類には、差し込み口が4種類のものや、テレビとインターネット端子が一体型のもの、照明と一体型などがあり、用途に合わせて交換できるのも魅力です。交換費用も状況によりますが、数千円から2万円程度でできるため、リスクを伴わない業者による依頼が人気となっています。