住まいの安全|床のUVコーティングからエアコンの購入方法まで

同じ業者に依頼

ブレーカー

暮らしの相談役

大阪には多くの住宅街があり、電気工事もあちこちで毎日のように行われているのが現状です。電気工事は知識を持っていない場合、感電のような大きな事故につながる危険性をはらんでいることから、資格がない人は行ってはいけないことが決められています。家のコンセントなどが外れかかっていれば、自分で処置できるような気がするものもあります。ですが、電気は目には見えないということを認識して、適当な処置は慎む必要があります。大阪には、いわゆる「町の電気屋さん」という存在の業者が多く存在しており、ちょっとした電気工事を請け負ってくれます。昨日までは使えていた電灯が付かず、電球を入れ替えてもついてくれない、テレビが付かなくなった、スイッチを入れるとブレーカーが落ちて電気製品を使えない、といった状況があちこちで起こっています。最近では、大阪でも電球さえ替えることができない一人暮らしの老人からの電球交換の要請もあり、町の潤滑油的な存在としても重宝されています。また、最近では、大阪でも衛星放送やケーブルテレビ、インターネットなど様々な回線の情報ツールに対応した処置を行うことが増えており、専門知識のある電気工事業者は欠かせない存在となっています。こうした電気工事を行うことができる業者の多くは、その他の水回りや簡単な工事も請け負ってくれることから、なじみの業者を作っておくことで、ちょっとした御用聞きとしてトータルで生活を支えてくれる場合もあります。